うなぎのさばき方、とってもわかりやすい動画

さばくために必要なもの

うなぎをさばく機会がある人は多くはないかもしれませんが、さばく機会が来た時のためにうなぎのさばき方を覚えておきましょう。まず、うなぎをさばく時に必要となる道具から紹介していきます。包丁とまな板は必要不可欠ですが、包丁はできるだけ切れ味の良いものを選ぶとさばきやすくなります。まな板は木製が好ましく、大きさは横1メートルくらいあると使いやすいです。

その他に必要となるものは、千枚通しです。少し太めのサイズのものを用いると安定しやすく、切りやすくなります。千枚通しがない時には、アイスピックなどを使用してうなぎを固定します。とりあえず、うなぎを固定することができれば問題ありません。これら道具の他に、水と熱湯も準備します。水は水道水で良く、うなぎを洗うために使用します。熱湯はさばき終えた後で包丁やまな板などの道具を消毒するために用いるので、さばき終えてから準備しても良いです。

うなぎの血や粘膜には毒があるので、触れないように使い捨てビニール手袋もあると良いでしょう。特に、手に傷口のある時にはとても痛みを感じるので、ビニール手袋やゴム手袋は必須です。使い捨てではないゴム手袋を使用した時には、使用後ゴム手袋もしっかり消毒してください。

動画を参考にすると分かりやすい

では、さばき方です。準備として、生きている場合は冷凍庫に30分入れておきます。そして、さばきに入る前に千枚通しなどを刺して固定します。固定したら胸ビレの左側に包丁を入れて、中の骨に当たった感じがしたら、そのまま包丁の刃を左へ向けて、引いて押してを繰り返しながら端まで切っていきます。身が開かれたら中骨と肝を取って、尾ビレと頭を切り落とします。肝近くの血合いを取ったら、半分に切って完成です。

文面上で説明しても分かりにくいとは思いますので、動画を参考にしながらさばいてみることをおすすめします。無料で利用することができる動画サイトに、うなぎのさばき方を解説してくれる動画があるので、参考にしてみると良いです。さばき方が分かりやすい動画は、まな板の上にうなぎが乗っている様子が上辺りから見える動画で、斜め後ろ側から見えるより、上の方から見える感じの方が分かりやすいです。

さばきながら動画を見ると流れについていけず、停止したりしなければならない時が生じるかもしれません。その時には手が魚臭いので、電子機器には触れたくないですよね。さばき始める前に何度が視聴してみてから、動画を流しながら実践してみると、流れをある程度理解した上で何とかついていくことができると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする