うなぎのためしてガッテンはこんな番組があった!

市販のうなぎを美味しく食べるには?

ためしてガッテンでは、市販のうなぎを、簡単な工夫をすることで美味しく食べられる方法を紹介し、評判になっています。電子レンジなどで蒲焼を温めると、脱水状態がおこり、硬くなる傾向にあります。ふっくらした状態を保つためには、うなぎの蒲焼をお湯で湯洗いし、タレをとります。

お湯はうなぎが隠れる程度にすることがポイントです。お湯をかけてタレがとれたらすぐにキッチンペーパーなどで水気をとり、ホイルに置き、お酒をふります。ホイルでうなぎを包み、魚焼きグリルで3分ほどあたためます。ホイルの上部を開けてタレをかけ、更に1分にはほど蒸し焼きにして完成です。水分が蒸発するのを防ぎ、とろみのあるやわらかでふわふわの状態に仕上げることができます。丼にする場合にはご飯にタレをかけてからうなぎをのせるのもよいでしょう。更に、お好みで山椒をふるのも良いでしょう。関東風は蒸すのが特徴ですが、関西風の香ばしい状態に仕上げたい場合には、お湯をかけてタレを取った後、フライパンにサラダ油を熱し、うなぎを入れます。強火で1分にはほどあたため、ひっくり返して皮がわも火を入れます。お好みでご飯にタレをかけて完成です。

うなぎを使ったレシピ

ためしてガッテンでは、うなぎを使った美味しい料理方法の紹介もしており、人気のレシピとなっています。関東風の蒲焼を、ポテトサラダに混ぜるというメニューです。ポテトサラダを電子レンジなどであたため、完成です。うなぎは2センチメートル程にカットしてのせると良いでしょう。関西風、関東風、いずれも可能なレシピは、茶がゆのレシピです。お鍋にお米を1カップ入れてほうじ茶を1.5リットル、塩を少々入れます。

そしてお鍋に蓋をし、沸騰してからおよそ15分から20分ほど、弱火でお米が柔らかくなるまで待ちます。お茶碗に茶がゆを入れて、2センチメートルほどにカットしたうなぎを入れて完成です。薬味にねぎを少し入れるのも香りが良くなり、おすすめです。関西風のうなぎを活かしたレシピは、薄皮巻きです。薄皮の内側にわさびを少し塗り、蒲焼きを2センチほどにカットして巻き、フライパンで熱します。中火で焼くことがポイントです。このように、関西風、関東風の特徴を活かしたレシピは、調理の幅を広げることができるため、市販のものを購入した際などに役立てることができます。冷凍のものを利用しても美味しく仕上がることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする