うなぎをふっくらと温める3つの方法

うなぎをふっくらと温める3つの方法

スーパーなどで購入したうなぎをふっくらと温める方法としては、主に「電子レンジ」「フライパン」「トースター」の3つの方法があります。
まず事前準備として購入したうなぎの表面についているタレを熱湯を掛けるなどして洗い流し、キッチンペーパーでしっかり水気を拭き取っておきます。これはどの方法でも共通した事前準備なので、あとは3つの方法のうちどれかを利用して温めるだけです。

電子レンジの場合は、皿に並べたうなぎに少量のお酒を掛けてから軽くラップを掛けて500Wで1分間加熱します。これだけなので3つの方法の中では一番手間がかからないですし、短時間でふっくらさせる事ができるというところがメリットです。

フライパンの場合はフライパンに敷き詰めたうなぎが浸る程度にお酒を入れて、弱火で3分から5分ほど煮込みます。お酒がなくなれば完成ですが、煮詰める時にタレを少量入れておくとより美味しくなります。

そしてトースターの場合はアルミホイルにうなぎを並べて少量のお酒を掛けた後、しっかり包み込んでから4分ほど焼きます。その後アルミホイルを開いてから2分ほど焼くだけとなっていて、仕上げに焼くことでふっくらだけではなくこんがりとさせる事ができるのでおすすめです。

どれが一番ふっくらとするのか

いずれの方法でもポイントとなっているのがお酒を利用すると言うところで、お酒で蒸す事によってふっくらと仕上げる事ができるようになっています。どの方法もそこまで手間隙を掛けずに短時間でできるようになっているので、好きな方法を選んで調理する事ができます。

そこで気になってくるのが3つの方法の中でどれが一番うなぎをふっくらとさせる事が出来るのかというところですが、一番おすすめされているのがフライパンを使った方法だとされています。と言うのもフライパンで煮込むことによってふっくらするだけではなく、うなぎ特有の臭みも取る事ができるようになっているので美味しく仕上げる事ができるためです。

ただしフライパンの場合は後片付けが面倒くさいと言うデメリットがあるので、手軽にふっくら仕上げたいと言う場合はトースターや電子レンジを使った方法がおすすめされています。こちらの場合は多少生臭さが残る場合がありますが、ふっくらとしたうなぎを楽しめると言う点では同じです。

そのため調理をした後のうなぎの食感を重要視するのは勿論ですが、その時の状況に合わせたやり方を選ぶ事ができるというところが魅力になっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする